Fukushima toukoukai Home page
No.5174
花塚山・花塚台 花塚台 890mピーク
山行種別 無雪期一般
はなづかやま・はなづかだい 地形図

トップハイキング>花塚山・花塚台

山行期間 2015年9月16日(水)
コースタイム 花塚の里入口(8:57)→放鹿神社(9:07,9:11)→あずまや(9:38)→峠の森・比曽堺分岐(10:03)→比曽堺(10:19,10:45)→花塚台(10:59,11:11)→放鹿神社(11:46)→花塚の里入口(11:56)
写真 写真は拡大して見ることが出来ます
花塚の里の駐車場は無残にも再び除染廃棄物置場になった 花塚の里ちびっこ広場の滑り台 放鹿神社
キツリフネ ヤマジノホトトギス 花塚山の案内図
放射線量のデータををスマホに転送し記録する 定点観測を続けている比曽堺 放射線測定器は堀場製作所のPA-1100を使用している
中央御室岩 登山道脇の石像

行動記録
 原発事故が発生して4年半が過ぎた。毎年追跡調査している花塚山だが、今年も研究者の方々と訪れる機会があった。定点観測をしている比曽堺の空間放射線量は下記の通りであり、ほぼ予測通りに減衰していた。

 登山口である花塚の里に向う。昨年、新しく整備された花塚の里の駐車場は、写真のように無残にも放射能除染廃棄物の仮置き場になっていた。車を駐めるところもない。何処に駐めたら良いか探していると除染作業の警備員から「車を駐めるな邪魔だ」と言わる。目的を話して重機の邪魔にならない道路脇の草地に車を駐めた。
 国が最初に約束したスケジュールでは除染廃棄物の仮置きは3年であり、すでに中間貯蔵施設に運ばれていなければはずだが、現実にはほとんど進んでいない。仮置き場は放射性物質を遮蔽したり、周囲に放射性物質が漏れないようにしたりするなどの安全対策を講じて管理することになっているが、今やっている作業は以前の仮置き場から廃棄物を一旦別な場所に移動し、その場所に本来の管理方法で保管するための本格的な仮置き場をつくる工事のようである。それならば今までの保管方法はどうやっていたのだろうと疑ってしまう。また、仮置き場の3年の約束は何処に行ったのだろう。
 花塚の里入口の道路で計測すると0.231μSv/h、ちびっこ広場を登って、行き放鹿神社から比曽堺へ向かうためにスギ林の中へと入る。造林地を抜けるとあずまやまでは急登が続く。あずまやから山腹をトラバースするように峠の森キャンプ場へ向かう登山道を進む。アップダウンを繰り返し何本か小沢を渡ると比曽堺へ分岐点に着く。各地点の放射線量を測定するが間違いなく減衰しいる。とは言っても比曽堺まで行くと数値は2.051μSv/hになる。
 比曽堺から花塚台に登る。花塚台は絶好の展望台である。原発事故さえなければ多くのハイカーで賑わう花塚山だが誰もいない。今回は比曽堺の調査が目的なので花塚山には寄らないで下山する。行動時間は3時間、積算線量は2.545μSvである。私たちは山に登るだけなので被ばく量はさほどでないが、ここで生活しなければならない地元の人たちにとっては問題な値である。
 国は年間20mSvまで安全と言うが、原発労働者の放射線被曝による白血病の労災認定基準は被ばく量が年5mSv以上とされ、今月には第1原発で働いていた労働者の労災が認定されたばかりである。発病するかどうかは個体差があり、年間20mSv安全説が絶対では無いことは専門家の中では自明のこととされている。山間部も含めて除染作業を行うことは国と東京電力の当然の責務であろう。(I.I)

空間放射線量
観測地点/特徴
時間
空間線量率(単位:μSv/h)
測定位置高さ100cm
緯度/経度
最大値 最小値 平均値
Data1 花塚の里入口/アスファルト
時間 8時53分
0.231 0.221 0.228 北緯 37゜39' 08.70"
東経 140゜39' 08.91"
Data2 放鹿神社前/スギ林、壌土
時間 9時07分
0.265 0.252 0.261 北緯 37゜39' 12.72"
東経 140゜39' 23.60"
Data3 あずまや脇/広葉樹林、壌土
時間 9時38分
0.440 0.428 0.433 北緯 37゜39' 24.75"
東経 140゜39' 26.55"
Data4 峠ノ森比曽堺分岐/沢脇、広葉樹、壌土
時間 10時03分
1.032 1.006 1.019 北緯 37゜39' 33.42"
東経 140゜39' 42.85"
Data5 比曽堺/広葉樹林、壌土
時間 10時23分
2.051 2.031 2.040 北緯 37゜39' 30.74"
東経 140゜39' 53.64"
Data6 花塚台脇/広葉樹林、石の脇
時間 11時00分
0.840 0.809 0.817 北緯 37゜39' 20.85"
東経 140゜39' 53.78"
Data7 花塚山分岐/広葉樹林、壌土
時間 11時12分
1.080 1.031 1.055 北緯 37゜39' 20.04"
東経 140゜39' 54.47"
Data8 花塚の里入口/アスファルト
時間 11時56分
0.403 0.325 0.369 北緯 37゜39' 08.96"
東経 140゜39' 09.25"
特記 緯度経度はGPSの性能の関係で多少の誤差があります。
放射線測定器 PA-1100(堀場製作所)

国土地理院地図(電子国土web)で見る
トラック 登り=赤 下り=青


トップ

Copyright(C) 2015 福島登高会 All Rights Reserved.