トップページ//岩・氷/山スキー/ハイキング/雪山/入山データ/会紹介/東北雪崩講習会
Fukushimatoukoukai HomePage
No.3627
信濃沢 最上川・砂川流域
山行種別 無雪期沢登り
しなのさわ 地形図 稲子


■山行期間 2004年7月24日
■コースタイム 950mコル(14:25)→左支沢(15:45)→踏跡(16:15)→林道(16:30)→砂川本沢出合・車デポ地(16:45)
■写真
駒ヶ岳山頂
熊にはがされた木

■行動記録
 駒ヶ岳で高度計を合わせて、登山道を950mのコルまで下る。コルから下降にかかり10分ほどで水流に出くわす。4m滝は私とHさんの6mmのお助けロープで懸垂するが、6m滝はザイルで懸垂。それ以降は滝もかからず、また、行く手が見えていて迷う心配もないので淡々と進む。右沢と出合ったら少し下って左岸にある林道を探すはずであったが、沢が大きく左に曲がり右沢と出合う手前で踏跡に出る。
 時間も無いのでHさんが右沢との出合を確認後、踏跡を下降、途中熊が剥いだと思われるスギの木が多数目についた。笛を吹きながら下る。やがて踏跡は沢を渡り林道終点に出た。(M.M)

 
■遡行図


トップページ//岩・氷/山スキー/ハイキング/雪山/入山データ/会紹介/東北雪崩講習会